銀磁7.5寸リム皿 / 亀田 大介

亀田大介の銀釉の磁器皿。

一枚一枚、銀釉の表情の出方が違っており、作家の手作業を感じ取れるプレート。
土の中に混ぜられた小さな石の粒や砂により、真っ平らではない微妙なニュアンスを持つ銀磁皿です。
窯の位置により色の出方がフラットではなく個々の表情に違いがあります。
銀釉の器は、使えば使うほどに銀製品のように重みを持つ格好良さがでてきます。特有の景色として素敵に育ててみてください。(一枚目の写真では、左の大きい方です)
※電子レンジの使用不可

素材/磁器に銀釉
サイズ(約)/ 直径23cm、高さ2cm、リム幅2.2cm

※作家による手作りの為、大きさや形、釉薬のかかり具合や色に個体差、ばらつきがございます。
また薪窯により、灰が被ったものもございます。お送りはお任せください。

商品は 銀磁皿1点のみのお値段です。その他の掲載物、付属品は含みません。
お使いのPCにより色の見え方が違うため実際の商品の色が正確に表示されない場合がございます。

こちらの商品は、kitone店内でも販売致しております。在庫切れになった場合にはご了承下さい。
ご予約、ご注文はお受けしておりません。

------------------------------------------

[注意]
シルバーアクセサリーのように、酸化すると黒っぽく変色します。
目玉焼きやゆで卵をのせると、白身の硫黄分に反応して急激な変色がございますので、変色を好まない方は卵の白身にご注意を!
変色により体内に害を及ぼすような事はございませんが、元の状態に戻すのは簡単です。

元の色に戻す方法は、
鍋(アルミや銅以外の)の底が隠れるようにアルミホイルを二枚重ねて敷き、銀磁器を上に乗せてしっかり浸るくらいの水をいれる。
火をつけて中火で沸騰させ、重曹を大さじ2〜3杯加える。変色の度合いで量は増やしてもOK。徐々に酸化した被膜が取れてアルミホイルに吸着していきます。取れない場合は、重曹の量を増やしてみてください。
鍋から器を出し、部分的にまだ変色が強いところには重曹をスポンジにつけて直接磨いてください。
(亀田さんのご案内より)
販売価格 9,000円(税込9,900円)
在庫数 在庫 0 売切れ中
SOLD OUT

Top